photo

研究開発戦略

標的疾患領域

SOCを変革する先進的新薬創出

研究組織のバイオベンチャーモデルへの転換

ベンチャー会社のように、自由な発想で研究テーマを進め、自ら意思決定を行うことで、効率的な投資でスピーディーに成果を出すことを目指します。「薬理」と「合成」(バイオ)の両機能を有した小さな組織で、研究段階における意思決定権を有し、成果に応じたリソースの配分を受けることになります。従来の組織の枠組みを超えて、積極的に意見交換・情報交換することにより、新しいテーマの発案やテーマの推進が効率的に進むとこを期待しています。

研究加速化・生産性の向上

開発戦略

グローバル開発品を1日でも早く、より多くの国の医療現場に届けるために、日本、米国、アジアの各拠点のネットワークによりグローバルに展開し、第一三共RDノバーレを含む国内の拠点と米国やアジアのグループ会社が密接に連携し、一体となって開発を進めています。
がん領域においては、低分子化合物およびバイオ・がん免疫に関する研究機能と臨床開発機能を集約し、研究から開発までをグローバルで一元化する体制を整え、統一した方針・戦略のもと意思決定の迅速化、研究開発力の強化を図っています。